髪の毛のカラーリング

カラーリングは髪の毛の大敵?

女性にとってカラーリングはオシャレのために必要なものです。しかし、使い方によってカラーリングは髪の毛のダメージにつながるものです。種類によって髪の毛へのダメージ度は異なりますので、自分の状況に応じてカラーリング剤を使い分けることが大切になります。ここでは、カラーリングについて簡単に紹介していきます。

 

カラーリング剤には種類があり、それぞれ持続期間が落ちやすさが異なってきます。

 

・トリートメントカラー

 

髪の毛の表面のみを着色するタイプのカラーリング剤です。名前の通りトリートメント効果が含まれており、カラーリング剤の中では髪の毛へのダメージが非常に少ないタイプとなります。その分表面のみの着色であるため、カラーリング剤としての効果は控えめとなっています。

 

・ヘアマニキュア

 

こちらも髪の毛の表面のみを着色するタイプのカラーリング剤です。髪の毛や頭皮にダメージを与えることなく気軽に着色することができるというメリットも持っています。

 

・ヘアカラー

 

一般的なカラーリング剤で、着色成分が髪の毛の内部にまで浸透するため、効果を自足させることができます。しかし、頻繁に使用すると髪の毛のパサつきの原因となります。美しい髪の毛を維持したい場合は、できるだけ控えたい方法です。

 

トリートメントカラーは誰でも気軽に使用することができる

 

トリートメントカラーはカラーリング剤の中でも最も影響が少ないものです。そのため、妊娠中の女性などでも気軽に使用することができます。妊娠中はホルモンバランスの変化によって白髪などが生じやすくなります。トリートメントカラーは無添加のものもあり、身体にも優しい設計となっています。

 

カラーリング剤はどれを選んでも同じというわけではありません。一時的に髪の色を変えるだけなら、ヘアカラーを使用せず、トリートメントカラーで済ませるのも一つの手となります。